電気と磁気

スコープ

いろいろな電磁気現象とそこから導かれる基本法則を順次学んでいきます. また,日常的に起きる電磁気現象を基本法則から理解することも試みます.

この科目では時間的な変動がない電気現象を中心に学び, 後期の「電磁場と電磁波」では時間的に変動する電気現象を学ぶ予定です.

目標

電磁気現象が従う法則について理解を深め,その応用にも注目するのがこの授業の目的です. 電気や磁気の現象は直接に目で見ることができないので,数式による表現が不可欠になります. 多くは空間の性質(ベクトル場)を微積分の式で表すものなので, 式のイメージをつくれるようになるとよいです.

この授業では1年前期で学んだ力学と微積分学が基礎知識・能力として要求されます.

各回の授業に対する予習は大変に重要です. 教科書の対応する章に,どのような現象と法則が書かれているか, どのような論理でどのような結論が導かれているか, 新しく導入された用語や概念は何かを予習してください.

予習では「授業中にどんな質問をしようか」と考えるようにしてください.

自習用動画教材

講義資料・課題のダウンロード)