宿題 I の目的と書き方,提出の要領(宿題 II を含む)
  1. 目的
  2.  
       
    • 計算力を向上させ,数式の扱いになれる
    •  
    • 質問をつくる練習をする(思考力の向上)
    •  
         
      • ほんとうに聞きたいことは,授業時間内やGBCなど面談できる状態で
      •  
      • レポートに記す「質問」は,質問をつくる練習をした証拠として1つだけ提出する
      •  
      • レポートに書いた「質問」には,原則として回答しない
      •  
       
  3. 評価
  4.  
       
    • まじめに計算練習をしたか(←中間試験と期末試験で判定する)
    •  
    • 適切な質問をつくれたか(←各回のレポートで判定する)
    •  
  5. 注意
    • レポートに書いた質問は,自分のノートにも書いておくこと
    • 提出当日の授業時間内に(GBCでもよい)質問し,疑問点を解決する

  6. 形式
    • 【提出】 
      • 課題が出た次の回,授業開始直前の休み時間内
      • 教室で
      • 遅れて提出した場合は減点
       
    • 【用紙】 A4,宿題 II を後ろにつけて,左上をホッチキス止め
    •     
    • 表紙】 記すものは,学籍番号,氏名,提出日, ,宿題 I の内容
    •   
           
      • 《氏名等》学籍番号,氏名,提出日<<最上部・右上(用紙上端から3cm以内)>>:
      • 作った質問
        •    
        • 問題番号と問題文・式
        •    
        • 作った質問のうち1つを朱書
        •    
           
      • 質問が書けないときは,「質問を作れなかった」と記す.    
       
    • 【表紙のに来る頁】 学籍番号,氏名,提出日, 宿題 II
    •  
         
      • 【学籍番号・クラス・氏名】, 【日付】←バラバラになったときのため<<最上部・右上>>
      •    
      • 【問題番号と進捗状況】
      •    
             
        • 努力したことが分かるように途中の計算や思考の足跡を残す.
        •       
           
     
  7. 質問の作り方
    • 巻末略解やWebPageの解説を見に行く前に
      →分からないモノや分からない考え方を特定する
    •      
    • 分からないモノ=用語・記号の意味・使い方
      →教科書の該当箇所を探す
    •      
    • 分からない考えかた=式の変形,論理の展開
      →それより前に書いてある教科書の例や例題に似たものがないか,探す

    • WebPageのQ&Aを調べる
      →自分と同じ質問をした人がいるかもしれない.遺産を有効活用する

    • Q&Aや巻末略解からできるだけ多くを吸収する
      →鉛筆と紙を用意する
      →式変形にあたり,思考過程(理由や根拠)を納得しながら書き写す
    •     
         
  8. 質問をつくる
  9. .
    • 「なぜ,こういうやり方にする気持ちになったか,わからない」という感想は質問ではない
    • .
      • これは,質問にならない:慣れるしかない
      • .
    • 【具体的】な(すなわち,聞かれた人が答えることのできる)質問がよい
    • .
      • 質問の中身を計算で確かめられるものがよい
      • .
      • 【具体的】な質問は「○○は□□だろうか?」という形になっているはず。
      • .
      • その質問は「もう少しで答えが出そうな問」になっているのが,なお良い!
      • .
      • 非常に困難な問題に直面したときは,いくつかの簡単で具体的な質問をつなげていく!
      •  
       
    • 「全くわからない」「いまいち分からない」では,答えたくても答えられない.

       
  10. 質問の書き方
  11.     
        
    • 問題番号を明記
    •   
    • 問題文・式を転記
    •     
    • すべて「分かっている」なら,「誰かが何かを不思議に思ったとき」を想定して質問をつくればよい
      • 「理解していますが,次のような質問を作ってみました.」
      • 「この質問には次のように解答します...」
       
    • 【具体的】な質問を書くと高得点
    •    
    • 授業中に質問できず,また授業を聞いても答えが見つからなかったときは,ぜひGBCに質問しに来てください
    •