微積分法の応用

スコープ

この科目は「微分法の基礎と応用」と「積分法の基礎と応用」の続編です. 情報科学を応用する様々な場面で用いられる微積分法の応用について力をつけることができます. テーマはフーリエ級数,フーリエ変換などです.

資料

必要に応じて
【微分法の基礎と応用】
【積分法の基礎と応用】
の参考資料を参照してください.


mathematicaの利用

貸与されたPCで mathematica 8以降を利用できる環境を立ち上げてください.
やりかたが分からない場合には,RATのメンバーが相談にのってくれるます.

【チュートリアル】   ← リンク先:Mathematica | HWB - はいぱーワークブック - 東京大学
  1. ↑Mathematica 10 で新しいノートブックを開始するには,"Wolfram Mathemtmatica 10"と表示される「ウェルカム画面」で「新規ドキュメント」を選択する
  2. コマンドはすべて半角英数字
  3. キーボードが全角指定のとき左上にバッファ入力の状態が示されるが,ノートブックの窓には何も見えない
  4. コメントやテキストには全角文字を表示できる
  5. 括弧の種類は厳密に守ること
  6. コマンドを実行するのは SHIT + ENTER
  7. 組み込み関数の詳細を調べるには,ヘルプ -> Wolfram ドキュメント -> 検索窓に関数名を入力,例題は自分のノートブックにコピーして使える

外部のサイト

  1. やる夫で学ぶディジタル信号処理
  2. フーリエ変換・解析で大儲け?
  3. やる夫で学ぶ応用数学 -フーリエ解析-

この講義の資料のダウンロード

1) 以下のリンクでダウンロードを実行してください。
2) mathematicaファイル(nb)の実行にはmathematica 9(以降)が必要です。