« · »

Physlets run in a Java-enabled browser, except Chrome, on the latest Windows & Mac operating systems. If Physlets do not run, click here for help updating Java & setting Java security.

Problem 24.2: Rank the line charges

Please wait for the animation to completely load.

棒グラフは円筒形(軸は画面と垂直,円は断面を表す.高さは 1 m)のガウスの検出器を通る「電束」の値を示す.(単位は長さがm,電束は N·m2/C). 電荷が一様に分布し画面と垂直な直線A〜Eがある.検出器を移動して「電束」を測定し,直線電荷密度の符号を含む大小関係を定めなさい(対称性から,電場は画面と平行な面内にあり,電場ベクトルを含む面と検出器の円筒が直交する.直線電荷の幅1mの部分が作る電場を検出器表面で面積分している).Restart. Restart.

注意:直線が細いため,検出器は1本の直線を完全に囲むか全く囲まないかのどちらかである.この条件をもとに,検出器が3本を囲むように見えるときは状況を慎重に考察しなさい.

The OSP Network:
Open Source Physics - Tracker - EJS Modeling
Physlet Physics
Physlet Quantum Physics