« · »

Physlets run in a Java-enabled browser, except Chrome, on the latest Windows & Mac operating systems. If Physlets do not run, click here for help updating Java & setting Java security.

Problem 28.8: Current carrying plate

Please wait for the animation to completely load.

最初の画面には一様な磁場が示される.[add current]を押すと横方向に帯が現れるが,これは,一様な密度の平面電流(直線電流を隙間なく平面上に並べたもの,シート電流)を表す.この電流の向きは画面に垂直である.(単位は,長さが cm,磁場の大きさは mT) .Restart.電流が流れると下半分は磁場が0となった.

  1. [reset]を押して電流が流れない(初期画面の)状態をつくる.この磁場にアンペールの法則を適用し磁場の線積分を計算する際に,磁場の対称性を利用して計算が簡単になる周回積分路をスケッチしなさい.周回積分の値は?
  2. [add current]を押して平面電流を流す.適切な積分路を用いてアンペールの法則から電流の密度(= 電流/断面の長さ,単位は A/cm)を求めなさい.縁の効果は無視してよい.

Problem authored by Melissa Dancy and Wolfgang Christian.

The OSP Network:
Open Source Physics - Tracker - EJS Modeling
Physlet Physics
Physlet Quantum Physics